turning sculpture 

「turning sculpture」は、糸と光を用いて空間内に漂う実態のない彫刻を可視化させるインスタレーション作品である。

この作品は糸・水晶玉・ライト・モーターのみで構成される。

天井から吊り下げられた糸に重りをつけ高速で回転させる事で螺旋形の立体的残像を作り出す。

その立体的残像に外部からスリット状の光を照射することで糸の描く軌跡が切り取られ空間内に像が浮かび上がる。

スリット状の光はゆっくりと回転し、それに伴って像の形は変化しながら漂い続ける。

“Turning sculpture” is an installation using strings and light to visualize a sculpture that does not exist in the space.

By irradiating a spotlight to the spiral three-dimensional afterimage that appears by rotating the suspended string at high speed, the string captures the light and emerges up the illuminating sculptures in the space.
By changing the irradiation angle and width of the light, the shape of the light captured on the string can be changed freely.

-

2019年 BankART SILK

Technical support by Takahiro Yasui / Genki Toyama