reopning

幾重にも重なるスクリーンに映し出される映像は美しい光の集まりとなって現れる。

音ともに揺らぐ光の向こうに存在する架空のシルエットが鑑賞者を誘い込み、徐々に空間と一体化する。

空間をさまようシルエットと実態との関係性を探求する作品。

 

​-

2015年  神戸ビエンナーレ2015 アートインコンテナ国際展  出展作品